朋田菜花の「ときには森を抜ける風の音のように」

forest2006.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:雑記( 14 )

展示会の報告とか、新作とか・・

23日から三日間あった、隣市でのイベントの様子報告です~。
会場は結構広かったです。後ろに見えるのは樹脂粘土や、アメリカンフラワーの作家さんたちのアート作品。
b0088524_2061471.jpg

b0088524_2054996.jpg
新作のチョーカータイプのネックレスを試着してみた様子です。ご年配の方がつけやすいチョーカーさがしているのが目立ちました。若い人は、とんぼ玉とか、小さいトップの革ひもネック系が主流ですね‥

b0088524_2063464.jpg
私のコーナーです。この1・5倍ぐらい横広のスペースで展示でした。
木彫の作家さんにつくっていただいた、アーティスト看板が映えていて、みなさんに好評でした。

b0088524_2072857.jpg

こちらは、前にも一度紹介した、木彫の大ぶりのウッドビーズと私の焼いたガラスとのコラボ。



ガラスフュージングの一点物の作品群です。
b0088524_20331230.jpg



自分で焼いたガラスのパーツをさらにまたカットしたガラスの上に置いて、色ガラスや破片状にしたチタンガラスなどをちりばめて、炉で焼きあげます。

b0088524_2034792.jpg

以上ちま報告でした。
あまり休む間もなく、こんどは9月の初旬から百貨店で展示会です^^
がんばらねば・・




b0088524_20374430.jpg
[PR]
by forest_poem | 2013-08-28 22:30 | 雑記

新作お悩み中

う~ん。
またまた、アクセサリーの新作についてお悩みモードです。
夏って、白い服とかに合わせて色石系がいいのかなぁそれともこういう濃色系がいいの
かなぁ
b0088524_3233982.jpg

青いシェルのパーツをベースにスワロフキーと淡水パールでしあげてみました。
金属のパーツとは違う良さがあるでしょ?


着用してみましたよ~
カジュアル服から、ドレスアップスタイルまでいけそうかな?

b0088524_91745.jpg

ナチュラルな髪型のほうがシェル使いのアイテムには合いそうです。







あ、ついでにちま報告。
お友達の彫刻作家さんに、デザイナーズ看板彫ってもらいました。
作家さんに彫っていただいた野の草の沈み彫りと、真ん中のオーバル型は、私がペイントした小鳥‥
すごく繊細な出来栄えでしょ? 彫りこみ部分のことを、逆レリーフとおっしゃってましたが、宝石の世界でいうところのインタリオのような手法。とても美しいと思いました。

b0088524_417050.jpg









ピクチャーストーンなどを使った一点物の作品群です。
もうすべてご予約済み‥

b0088524_10333038.jpg

てことは、ますます、がんばらないと並べるものがなくなっちゃいます;;
あせるあせる‥‥

b0088524_1044746.jpg
さあますます、がんばらなくちゃ☆


















以上ちま報告でした^^
[PR]
by forest_poem | 2013-08-05 03:53 | 雑記

新しい自分新しい作品

今日も日がな一日、新作作りこみに追われました。
ていうか一日2点ぐらいしかできないというのがつらすぎます。
でも、それなりにきちんとご説明申し上げれば、わかる人にはわかってもらえるので
がんばります。
今回は、ウッドジュエリーとブラックやホワイトのパールや白蝶貝、そしてカットガラス
などとの出会いです。
b0088524_18572777.jpg

手にしていた時から惚れこんでいた、この色合いこの質感。
そのときこのフォルムのウッドは一点しかなかったので、大切にデザインしました。

b0088524_4203987.jpg

髪をアップに結い上げて、着用撮影してみました。
昨日よりちょっと大人びた私がそこにいてびっくりしました。
背筋がしゃんと伸びて、大人になった感じ^^
作り手である自分、というものが一日一日自分の中で育っていっているということかも。
いい素材に巡り合えると、デザインが降ってくる。
その環境とそのネットワーク。私一人の力でデザインできているとは思えないので。
支えてくださっている方に、感謝の気持ちを。


ではでは。
今日の身の回り報告はこのぐらいで‥
このあと、彫金の作業も残っていて‥‥
夜なべ仕事になりそうです。
[PR]
by forest_poem | 2013-07-26 19:06 | 雑記

展示会近いので‥

もうすぐ、いくつかの展示会があります。
実は、アクセサリー作家もやっているの^^
めったにここでは紹介したことないけど、というのは、ちゃんとアクセサリーのほうのブログも
あるので‥
でも、今日は近況報告のひとつとしてご紹介します。
b0088524_17295028.jpg

先日、木彫の作家さんから銘木のウッド・ジュエリーを分けていただいたので、8月中後半に
出展するガラスのアクセサリー展のための新作としてシリーズで組んでみました。
とても艶っぽいというか美しいフォルムで、メタルやガラスと合わせるとどこにもない素敵な
作品に仕上がったと思います。天然石の緻密さや、ワイヤーアートの繊細さが木の優しさに
支えられて生き生きとしているのが作り手のわたしにもわかります。会心の新作かな^^

b0088524_1730485.jpg

ガラスと、深く優しい色のウッドはなかなか相性がよかったみたい。
中央の石は、水晶です。とろんとしたブルーの色合いを帯びた大変めずらしいもの。

b0088524_17302351.jpg

このブルーの色のガラスは、夏から秋にかけてとても人気があります。
ちょっとボルダーオパールのようにも見えて、素敵なんですよ。
中央の石は、ルビー・イン・ゾイサイト。ゾイサイトの中にルビーがまじっているという
とてもとてもレアな石です。

b0088524_17304796.jpg

ガラスのピンク色があまり上手に映らなかったかもしれません。とても深いピンク色
で、宇宙から来た不思議なパワーストーンみたいに焼きあがったガラス、いちばんの
お気に入りでほんとうは、お嫁に出したくないのwww


ブルー・ガラスの作品を着用してみました。
童顔のわたしも、アップにして、アクセをつければ、すこしは大人っぽく見えるでしょ?

b0088524_4271248.jpg

ではでは。
また、気が向いたら、手作り作品か
お散歩報告をアップするかもです。
[PR]
by forest_poem | 2013-07-24 18:07 | 雑記

ガラスで囲まれた森‥かな?

音楽で始まらないと、なんだか私のページじゃないみたいで落ち着かない;;

そんなわけで、今日もお休みモードで、レポートを綴る予定ではあるのですが
BGMに私の大好きな曲を

b0088524_2401136.jpg

ジョニ・ミッチェルやジュディ・コリンズが、歌っていた邦題「青春の光と影」(Both Sides Now)
を白鳥英美子の歌声で聴いてください。
☆画像をクリックすると曲のページが開きます。




さて、ではでは・・・

昨日からのお約束でしたので出窓の内側の風景をちらりと‥
b0088524_2321335.jpg

もう夕方5時をだいぶ回っているのですが、本州でも最西端にちかいこの街ではまだこの
明るさなのです。
ガラスのもビールみたいに見えるのは風鈴で、風にゆれると金属の棒が涼しい音を奏でる
はずなのですが、窓はめったに開けないので‥‥

b0088524_2322221.jpg

バリ島雑貨の猫置物‥いや、下げ物‥‥気球の色がはげてしまっていたことに今日気付き
ました。塗りなおしてあげないと、夢の空を飛べませんよね^^

b0088524_2324399.jpg

この木は、地元のグリーンショップからプレゼントでいただいたベンジャミンです。
斑(ふ)入り葉のベンジャミンはかなりめずらしく、ふつうは青々と緑色の葉です。めったに
大きく育ったものを観たことがありません。我が家のはまだ45cm程度の大きさですが
うまくこのまま育てばいいなぁと思っています。

b0088524_2323345.jpg

こちらは、ベンジャミンに葉っぱ似ていますが、なんとガジュマルの木です。もう3年になる
けど、まだ40cmぐらいの大きさです。
沖縄では50mぐらいの高さになって、門のようになっていたり、ツリーハウスのまわりを
ぐるぐる取り囲んでいるのを見たりしました。内地だとちょっとずつしか成長できないのは
仕方がないのでしょうねえ。

さて、この私の出窓の内側‥工房兼書斎は6畳半ほどの広さで、マックが2台ほど並んで
いるほか、いま私が触っているノートパソコン、そして 副業である天然石やガラス、銀など
のアクセサリー作りの空間として使っています。
いま、オーダーのアクセサリーを組み立てている最中なので、工具やパーツや天然石が
じゃらじゃらと並んでいるので、とてもお見せできませんw

まあ、またかたづいているときにでも‥‥(て、いつだろうw)ご紹介します。


さて、明日は音楽とコラボのシリーズにもどろうかな。
曲のために作品を捧げるのってとてもつらかったのだけど
ん、しんどいとかそういうのではないし、悲しいというのとも
まったく違う。
体の中を自分が霊媒みたいになって、なにかが通り抜けて
生まれ落ちる感覚。
それが続きすぎると、ほんとうの自分がどっかに行ってしまいそう
だったり、自分が心の奥底にしまっておきたかったものまでが
扉を開いて外に出てしまう感じ‥‥
涙がとめどなく流れ落ち、ご飯も食べられなく、眠れなくなって
しまいそうな瞬間もありましたし、それが続きすぎて倒れ伏すかの
ようにストンと眠りに落ちたりもしました。

ただ、一日休んだだけでだいぶ回復しました。
それと25作目で、思い切り叫んだのもよかったのかも^^
あれは、文字によるシャウトみたいなものだったのかな^^

作品25の「高く飛ぶなら」みたいに大好きな人に大好きって
伝えるのってむずかしいですね。そしてまた、その一方で
大好きな人から大好きだよって言ってもらうのと、どっちがより
むずかしいのだろう‥ふと、そう思ったりもしました。

でも、今日 あるふとした出来事がきっかけで気付いたんです。
私にとってすごく大切で、不可欠で、必要としている。そのことを
ちゃんとわかってくれていて、必要な手をさしのべてくれたり、
叱ってくれたりする。それは、好きとか嫌いとかの言葉を超えて
「そばにいるよ」って言ってくれてるのと同じだなって。
そう思えたら、すごく心が洗われたように透明になって同時に
だんだん、あったかくて熱くて「生きてる」って感じに包まれました。


今日は、仕事や私生活のほうでは積み残しのものや作りかけ
のもの、いっぱい抱えたままですが、すごく元気が出てきたので
明日さくさくっと‥‥かたづくのでは~~っと、そう思っています。
待たせている人たち、ごめんなさいね~~
作りかけのイヤリング‥
書きかけのライン‥
書きかけのライナー・ノーツ

ぜんぶがんばって仕上げます。



ではでは。
今日も読んでくださってありがとう。
もちろん、これからもがんばります。
[PR]
by forest_poem | 2013-07-10 00:01 | 雑記

家の周辺ぶらぶら

今日は、作品シリーズのアップをお休みさせていただいて、代りにこの私、朋田菜花の
自宅周辺‥というか、実はほぼ家の敷地内だけなのですが‥様子をレポート。
b0088524_632924.jpg

自宅に植えてあるオリーブの木です。今年初めてこんなに花が咲きました。
以前住んでいた船橋市で15cmの苗を買ったのはかれこれ15年前。むこうではあまり
大きくならなかったのですが、さすが瀬戸内気候。山口県に越してきたらこんなにも
めきめき‥今の大きさは高さ2.5mって感じですかね。
これは5月下旬ごろの画像で、今はちらほら実をつけています。

b0088524_642647.jpg

庭には8種類ぐらいのアジサイや5種類ぐらいのクリスマス・ローズその他ギボウシや
ボタン、シャクヤク、バラ、テッセン、ツツジその他もろもろの山野草などが植えられて
います。夏の水やりだけでちょっとバテます。
でも、カエデやモッコク、サルスベリ、キンモクセイなどの木がほどほどに日陰を作って
くれているので助かります。

b0088524_634950.jpg

これも船橋から持ってきた植物。ナポレオンという種類の葡萄の木です。マンションの
ベランダでひっそりと育てていたのですが、こちらに持ってきて3年ほど前に地におろし
ました。昨年は1.5kgほそのブドウを収穫してブドウジュースを作りました。
ナポレオンという名前でお気づきでしょうか? そう、あのブランデーV.S.O.Pの名品
「ナポレオン」を作るための苗の品種なのだそうです。でも、たった一本これきりしか
育ててないし、ブランデーなんてとても無理^^;
でも、この苗木のふるさとの南フランスの、小高い丘に葡萄畑の広がる田園風景を
思い浮かべ、夏の間、しばしこの樹の作りだす木陰、木漏れ日などを楽しむのが、
私流のこの樹へのいつくしみ方です。

b0088524_644648.jpg

家を増築したときに、ロミオとジュリエットかといわんばかりの堅固な風体の張出し出窓
をつけてもらいました。この内側が、6.5畳ほどの私の書斎兼工房。ここからブログも
発信しています。
明日は、この内側の風景を少しだけ紹介してみようかな^^
あ、携帯のちょっとピンぼけ写真でごめんなさいね。
ニコンもあるんだけど‥‥送信や加工がちょっと大変で^^;



ではでは。
今日はこの辺で^^



休日モードの菜花でした。
今日のサンダルの色は白です。
[PR]
by forest_poem | 2013-07-09 06:34 | 雑記

近況報告

ずっとブログの更新をさぼっていてごめんなさい^^
文筆よりも、最近は少しアクセサリーの展示会に出展したり
ガラスや銀の作品をつくることに追われていたりしました。

もちろん、詩や小説もすこしずつ書き進めてはいるのですが^^


さて、今日は下関に行ってきました。
とある人物の勲三等の叙勲祝賀会と80歳の傘寿の祝いを兼ねたパーティで
歴史遺跡でもある春帆楼での祝宴でした。
日英通商条約などさまざまな歴史の変動の舞台となってきた由緒ある場所です。

さてこれは自宅での赴く前のスナップ
ひさしぶりに髪を結いあげました。
b0088524_22311071.jpg


スピーチ‥それも、最後の締めのご挨拶みたいなことをせねばなので
少し緊張しています^^;
b0088524_22304678.jpg


春帆楼といえば、日本で初めてフグを調理して出した料亭としても有名です。
フグの前で、スナップ^^ちょとひきつった笑いでごめんなさいw
b0088524_22315088.jpg


港町下関の夜景です。左手に彦島、関門海峡の向こうは対岸の九州は門司港
です。壇ノ浦の合戦の舞台ともなった下関はほんとうに対岸九州まで眼と鼻の先
という感じの場所で船舶の航行もとても多いのですよ^^
b0088524_22312355.jpg


以上、ひさしぶりのご報告。
ああ、菜花はあいかわらず元気なのだなと
少しでもご安心いただけたでしょうか^^

ではでは。
また、時折書かせていただきます☆
[PR]
by forest_poem | 2013-06-09 22:49 | 雑記

マイフェイバリット

たまには、詩を綴るばかりではなくて、お話など。

エキサイトの交流の中で出会って、親しくなった木村ひさしさんが、こんどソロとしてのCDを出されます。
創作の苦しみとか、悩みとか、夜通しメールやチャットで意見交換したりした日々もあったなぁとか懐かしく思い出したり。
そんないろいろが詰まった作品群が形になるのだなぁと思うと、そこまでの苦労も知っているだけになにかひたすらに感慨深いです。

  myspaceで、ひさしさんの新作「ハロー」が視聴できます。
  http://www.myspace.com/hisacoff
  いつものライブのうねるようなダイナミックな曲相とはまたちょっとちがって
  せつなく、ビビッドな感じ。
  11月7日のCDリリースが待ち遠しいです。
  ライブ日程もこの秋はずっと半月に一度以上のハイペース。
  とくに、青山「月見ル君思フ」でのひさしさんのライブは、いつも
  ステージのメインビジュアルである「月」の中に映る映像との
  コラボレーションが素敵です。
  全部のライブに足を運ぶのは無理としても、がんばって聴きに行きたいです。
  とくに「月見ル」に関しては。
  ちなみに9月15日のライブではリリース用のスチールやプロモ用の映像も
  撮影するとのこと。行きたいなあ。行けるかな。
  
[PR]
by forest_poem | 2007-09-08 18:21 | 雑記

長い休暇ありがとう

半年以上もの長い間、ブログを休ませていただきました。
これからも、コンスタンスに更新できるかどうかはわかりませんが、日常雑記などを織り交ぜながら、創作のイメージ、雑記、独り言など、ときどき書かせていただきつつ、詩などまた綴っていこうかと思っております。
[PR]
by forest_poem | 2007-08-08 17:32 | 雑記

冬休みのヒミツ

b0088524_3183590.jpg
b0088524_3184486.jpg
b0088524_3185116.jpg
b0088524_318593.jpg


はいっ!
冬休みの、私のヒミツ。

この一連の写真は、海外でもなければ、沖縄でもありません。
山口県内の海と灯台。しかも、つい数日前の撮りたてのホヤホヤ^^

それも、私の携帯の写メで撮ったもの。
愛用のNIKONは家に置いたまま、ふらりと一時間半ほどのドライブで山陰側の海へ…
町村合併でいまは下関市になった角島の灯台や、角島大橋を臨む海岸からの眺めです。

激流渦巻く関門海峡も、カブトガニやスナメリクジラが回遊する瀬戸内海もよいけれど、日本海の海も美しい。白い砂、透明度の高い海水、冬の陽差しですらこれだけの輝きを放つ海。
私は言葉を失い、またもういちど、自分の内側から言葉があふれて来るのを待っているのです。
夏にまたもう一度来よう…いや、夏まで待てないから、春には来よう…と、自分に約束したのは、白い鴎の風切り羽根がうらやましかったからだけではありません。
[PR]
by forest_poem | 2007-01-08 23:25 | 雑記
line

創作モード炸裂。ファンタージュの森を生く。


by forest_poem
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31