朋田菜花の「ときには森を抜ける風の音のように」

forest2006.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ビジュアル詩( 7 )

Archive 画詩 「濃緑の扉」

b0088524_1143672.jpg








ふと、邦楽編003のテーマ曲、「樹海の糸」について、あれこれ考えていて、ふと
この10年ほど前に書いた画詩を思い出しました。
いえ、このほかにもWEB詩集「森のささやき」や「生命の森にたたずむ午後に」など
にも同様のテーマの作品があるのですが、ようするに行き詰ったりダメだと思ったら
最初からやり直すぐらいの気持ちがあれば、なんだってやりこなせなくはない‥て
ことです。
実は、毎日アップしているシリーズだって、いったん選んで、世界に入り込むところ
まで聴きこんだ曲でも、「ああやっぱりだめだ」と思ったら、ぜんぶ没にして最初から
やりなおしたりもしてるんですよ。陶芸家が焼き上げた皿をパーンと割るみたいに
何時間も掛けて書きあげた詩や短編やコラムも、いったん頭を冷やして読み返して
だめだなぁと思ったら、没にして、そこからまたもう5~6時間かけて作り直すなんて
ことは、しょっちゅうです。
ましてや、人生みたいな大切なものをのるかそるかで決めていいものかどうか。
阿部公房の小説「壁」も、全体のテーマの奥に隠れているのは、壁にぶちあたったら
立ち止まるのでも、引き返すのでも、あきらめるのでも、叩き壊すのでもなく、迂回
することを模索してごらんよ‥みたいな遊び心ではないかなぁと。
迂回というより、四角四面にものごとを考えずに、つついたり、いなしたりしているうち
に、全く別の抜け道がぽっかり顔を出したりするものだよ‥っていうようなことです。
そして、逆境すら楽しむぐらいの余裕をもってあたれば、道は必ずひらける‥とも
言えると思います。

そう、人生に必要なエッセンス、それは「遊び心」
人間だけが、芸術や、癒しや、祝祭や、讃美といった生きるための欲求以外の
感情や社会的行動をとることができるのですから‥‥

だから、行き詰っても、絶望したりあきらめたりしないでね。
とりあえず、つぶやいてみたり、
とりあえず、誰かに話してみたり。


ところで、音楽に添えてのシリーズ、番外編としていたのを
邦楽編にあらためさせていただきました。
邦楽は邦楽で、これからもときどき、シリーズを書き足していこうと
考えをあらためましたので、ご報告させていただきます。
[PR]
by forest_poem | 2013-07-16 12:01 | ビジュアル詩

Archive 「純白への回帰」



「純白への回帰」
b0088524_131690.jpg

[PR]
by forest_poem | 2009-03-02 13:01 | ビジュアル詩

Archive  欲詩屑第一集より  vol.9

欲詩屑第一集 「欲詩屑  vol.9」


b0088524_18391277.jpg







  いろんなことがたてつづき、すこしブログが滞ったこと、
  心配をお掛けしたみなさんにお詫びいたします。

[PR]
by forest_poem | 2006-11-30 23:44 | ビジュアル詩

ビジュアル詩 「青空の花束」

「青空の花束」 詩・画 朋田菜花


b0088524_1456090.jpg



窓を開け
面影の街の稜線が
くっきりと刻まれるにつれ
私の輪郭は雲と同じ色に染まっていく

最後はここで眠ると決めたら
青空のゆりかごから
ニーレンベルギアの花束が落ちてきた

透明な爪先 川のせせらぎに向け 歩き出す




【04/07/01山口県人詩人会2周年記念詩集 テーマ「告白」掲載】






ニーレンベルギア:イエスズ会の修道士で博物学者のニーレンベルグにちなんで名付けられた。花言葉は「あなたといると心が安らぐ」「幸福な記憶」

[PR]
by forest_poem | 2006-11-24 15:01 | ビジュアル詩

Archive 画詩 による 「 ”ウロボロスの蛇”の卵から孵った、一輪の白い花の伝説」より

b0088524_0242550.jpg

  画&詩:  朋田菜花
  写真素材協力: rin

HTML版 はこちらをクリック>>>


※なお、リンク先のHTML版は残念ながらwin95以上の環境でしか見ることができません。MACからでは見ることができないようなのでMACの方ごめんなさい。






テキスト版 は 次ページ>>>> に 

[PR]
by forest_poem | 2006-11-01 23:23 | ビジュアル詩

コラボ作品 画詩「ひかり」

「ひかり」
詩:ヌタバ
画:朋田菜花

b0088524_232115.jpg





ヌタバさんとのコラボレーション作品のうちの一つです。こちらもWEB初公開。 現在 朋田菜花の本サイト 森のうた森のこえ の表紙を飾る画詩の、4色バージョンです。
[PR]
by forest_poem | 2006-10-31 22:03 | ビジュアル詩

コラボ作品 2点「ひととき」 「暁のグロス」

「ひととき」
詩:ヌタバ
画:朋田菜花

b0088524_23232798.jpg





「暁のグロス」
詩:ヌタバ
画:朋田菜花
b0088524_23231337.jpg









2006年6月に紡がれた、コラボレーション作品です。山詩会の天文博士こと ヌタバさんの短詩に、私こと 朋田菜花はイラストレータ&デザイナとして参加させていただきました。
WEB本邦初公開。


★今日はもう一作品、アップしました 「海に沈む追憶の花束」  
  アナロスティック(折句)の技法を使った短詩です.
[PR]
by forest_poem | 2006-10-30 13:29 | ビジュアル詩
line

創作モード炸裂。ファンタージュの森を生く。


by forest_poem
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31