人気ブログランキング |

即興詩 「月とあなたと星とわたし」




  「月とあなたと星とわたし」


 いつもは わたしのことなんか忘れていても
 降るような星空のもとで一人たたずむときに
 ふと思い出してくれる
 森から涼やかな風が吹くとき
 そっと思い出してくれる
 それだけでいいのよ


 「星」…夜の海にうつるさんざめく輝き
 「待」…いつかきっと と心の中でそっと願う
 「月」…しずかに照らしているのは未来への灯り


 なつかしい歌がどこかで流れている
 そっとあなたの名前をくりかえし呼んでみる
 日が落ちて
 夏の匂いが夕影のなかに満ちて
 あなたと同じ風景に染められる夜には
 
 金色の月 夜の海にとけて金色の夢となる
 銀色の星 夜の空にとけて銀色の夢となる

 月とあなたと星とわたし
 やさしい夢たくさん降らせて この青い世界に
 今は二人だけしかいない この静かな世界に

¨・¨∵:*:∵¨・.*.・¨∵:*:∵¨・¨

 目を閉じて
 再び 目を開けたら
 やっぱりあなたはいなくて
 でもここには 月と星とわたしは残されていて

 海からの風に変わった

 風は あなたは 今は遠い 森 にいると 
 同じ 月 を見上げていると 
 そう告げていた
 




-=-=-=-=
2007.08.19 加筆修正





 
Commented by ししお at 2007-08-19 22:47 x
月が遮る黒い雲に隠れる前に

星が流れ星になり消えてしまう前に



海風に打たれながら夜空を見上げる



そう

飽きもせずに

夜空を見つめてる
Commented by 星待月 at 2007-08-20 01:14 x


 いくつもの星が

 人知れず

 海に溶けるように落ちていく




 夢を 見て 眠るの

 きっと 明日は あの人に

 会える夢


Commented by neko_3 at 2007-08-22 09:13
私は蒸せる夏の夜は天の星を心待ちにするのだけど。。。
最近はご機嫌斜めなのか、厚い雲の意地悪に気圧され見えないのが残念。
月だけはしっかり見えるのが嬉しい夏の夜です。
Commented by ししお at 2007-08-22 22:18 x
まさか…
星待月さんが来るとは
とりあえず今日は寝待月です〜(・∀・)


星の声は
いつまでも
そこにあるのでしょうか



*
Commented by forest_poem at 2007-08-24 16:18
neko_3さんこんにちは。夏は湿度が高いから、星は少し見えにくいですね。
でも、ここ数日の月は本当に綺麗です。真っ黄色というか金色のかがやきで、ややぼんやり靄をまとっているので幻想的ですね。
今夜も見えるかしら。

ししおさん、こんにちは。
菜花じゃなくて、星待月が出てきただけで、
そんなに喜んでくださるとは(笑)
ししお さんと 獅子緒 さんの 違いのようなものなのですけどね^^
星の声は聞こえたのかなぁ。
読み手の方々がそれぞれに心の中でその先を思い描いてくださればと願います。
by forest_poem | 2007-08-18 23:40 | 詩 未分類 | Comments(5)

創作モード炸裂。ファンタージュの森を生く。


by 朋田菜花
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31