朋田菜花の「ときには森を抜ける風の音のように」

forest2006.exblog.jp ブログトップ

テキスト版 「 ”ウロボロスの蛇”の卵から孵った、一輪の白い花の伝説」


「 ”ウロボロスの蛇”の卵から孵った、一輪の白い花の伝説」


¨・¨∵:*:∵¨・.*.・¨∵:*:∵¨・¨

あいをうたうわたしのことばをくちうつしであなたにつたえたい
るるるららりーたろんどろんどろんど
けしてさめることのないゆめのなかにいるのよわたしたちふたり
るるるららりーたろんどろんどろんど
とびらのそとをうかがいおってくるてきをきにしつづけるあなた
るるるららりーたろんどろんどろんど
そっとだきしめてそのやわらかいかみにふれしずかにくちづける
るるるららりーたろんどろんどろんど
えいえんのくにできのうなくしたじそんしんとじふとじこけんおを
るるるららりーたろんどろんどろんど
かいすいぎょたちがつがうとこしえのくにのあおいみずうみにはなち
るるるららりーたろんどろんどろんど
ほしまでのきょりをかぞえなおしているつぎのげっしょくはいつかしら
るるるららりーたろんどろんどろんど
わたしたちじしんはにひきのうみへびになってからだをからめているのよ
るるるららりーたろんどろんどろんど
あなたのあおいうろこきれいぎらぎらあなたのめもちもほねもとてもあおい
るるるららりーたろんどろんどろんど
わたしのあかくてながいしっぽであなたのからだをしめつけてはなさない
るるるららりーたろんどろんどろんど
つぎにうまれおちてくるときはこんどはにとうのふたこぶらくだとして
るるるららりーたろんどろんどろんど
まえのこぶにもうしろのこぶにもゆめをたくさんたくわえてたびする
るるるららりーたろんどろんどろんど
こんどこそいくさのないだいちにうまれてきもみかたもないくにで
るるるららりーたろんどろんどろんど
ぶぞくもしゅうきょうもみぶんのちがいもなくめぐりあいたいと
るるるららりーたろんどろんどろんど
さめざめとほほをつたいながれおちるなみだをなめあうふたり
るるるららりーたろんどろんどろんど
おいつめられているのにこんなにもからだのしんがあつくなる
るるるららりーたろんどろんどろんど
あいをおえてわたしたちはちいさなたまごをすなにうみおとし
るるるららりーたろんどろんどろんど
おたがいののどをかみきってふたりいっしょにいのちおえるの
るるるららりーたろんどろんどろんど
わたしたちがしねばせんそうはきっとおわるのでしょうか
るるるららりーたろんどろんどろんど
あなたのくにとわたしのくにのこのおろかなあらそいは
るるるららりーたろんどろんどろんど
そうさけんでにひきのへびにすがたをかえたふたりはいきたえ
るるるららりーたろんどろんどろんど
さばくにからみあったままぼひょうのようなしかばねとなり
るるるららりーたろんどろんどろんど
そのにくやちはさばくのさそりたちにくいつくされたのだが
るるるららりーたろんどろんどろんど
うみおとされたきんいろのたまごだけはしずかにいきづいていた
るるるららりーたろんどろんどろんど



るるるららりーたろんどろんどろんど
そしてながいときがすぎてそこにすんでいたひとたちはいなくなり
るるるららりーたろんどろんどろんど
とおいむかしそこでいくさがあったことさえもいつしかわすれられた
るるるららりーたろんどろんどろんど
だがあたらしいひとがあつまりあたらしいひとがつどいあたらしいまちで
るるるららりーたろんどろんどろんど
まためぐりめぐってあたらしいいくさがはじまろうとしている
るるるららりーたろんどろんどろんど
かぎられたみずをだれがいちばんおおくはたけにひくかとか
るるるららりーたろんどろんどろんど
だれがばざーるでいちばんいいばしょをもらうかとかの
るるるららりーたろんどろんどろんど
はじまりはちいさないさかいがしだいにはげしいにらみあいとなった
るるるららりーたろんどろんどろんど



るるるららりーたろんどろんどろんど
だれがあたためなくともきっとたまごはしぜんにそのときをしり
るるるららりーたろんどろんどろんど
あるひきゅうにきんいろのからはぱちんとふたつにわれおちて
るるるららりーたろんどろんどろんど
なかからきこえてきたのはだれもきいたことのないやさしいうた
るるるららりーたろんどろんどろんど
うそはほんとうほんとうはうそあらそいはもうやめてだれもわるくない
るるるららりーたろんどろんどろんど
うばうのではなくわかちあいましょうともにゆるしあいましょう
るるるららりーたろんどろんどろんど
たまごからうまれたのはあいのうたうたうしろいだれもしらぬはな
るるるららりーたろんどろんどろんど
みるみるめのまえにあおいゆたかないずみがわきこんこんとふきだした
るるるららりーたろんどろんどろんど
このみずはへいわのいずみのんだひとはおもいだすへいわをいのってしんだふたり
るるるららりーたろんどろんどろんど
このいずみはあいのいずみのんだひとははじめてわかるひとのこころのいたみくるしみ
るるるららりーたろんどろんどろんど
このいずみはいのちのいずみのんだひとはおもいいたるだれもがみなやさしくてかなしい
るるるららりーたろんどろんどろんど
このいずみはやすらぎのいずみのんだひとはやがてきづくあらそうことがおろかだと
るるるららりーたろんどろんどろんど




【イラスト: かね 】


るるるららりーたろんどろんどろんど
たまごからうまれてきたあいのうたうたうはなゆらゆらゆれて
るるるららりーたろんどろんどろんど
あらそいのないだいちをねがいきょうもまたうたいつづけている
るるるららりーたろんどろんどろんど
ひびけへいわのうた あいのうた ひきさかれたいのちのうえに さきつづけろ
るるるららりーたろんどろんどろんど
わすれないでへいわなくにをねがってしんだひとびとたちのながしたあついなみだを
るるるららりーたろんどろんどろんど
きんいろのたまごから かえった ふしぎなはな が かたるでんせつを こうして
るるるららりーたろんどろんどろんど
わたしは みずかがみのまえで きょうも また くりかえし ささやきつづけて いる





¨・¨∵:*:∵¨・.*.・¨∵:*:∵¨・¨





■2002年に書き下ろし、日本WEB詩人会に投稿した作品です。
その後様々な場所でとりあげていただき多くの方から感想を寄せていただきました。また、朗読会などでも読み上げさせていただきました。
私の代表作の十指に入る作品です。

近年のさまざまな社会事変が起こるより前に書かれたのに、その後に起こった11.19やアフガン侵攻などその後のさまざまな事件とどこか重なり合う匂いがあるのも不思議な気がします。

戦火に咲いた宿命の愛は、滅びてなお、争いのない時代をいのり続けています。
わたしたちが叫んでも届かない場所で、この地上のどこかで始まろうとする火種に対して、わたしたちができることは何なのでしょう。
及ばない力、どうすることもできない無力さに打ちひしがれながらも、その答えを模索しつづけなくてはいけない立場に、2006年を生きる私たちすべてが今おかれていると言えるようです。








★今日掲載の詩のイメージとレイアウトに合わせて
  また、スキン変更してしまいました。
  落ち着かなくてごめんね^^

※言葉解説 ウロボロスの蛇 = 自分の尾を噛み、円形をなす蛇、または竜。ギリシア語に由来。天地創世神話やグノーシス派で用いられた。

[PR]
by forest_poem | 2006-11-01 01:54 | 詩 未分類
line

創作モード炸裂。ファンタージュの森を生く。


by forest_poem
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30