朋田菜花の「ときには森を抜ける風の音のように」

forest2006.exblog.jp ブログトップ

Rに捧ぐ「青空の竪琴」




 「青空の竪琴」



秋の空は深い海に似ていて

幾層もの淡い光彩を放ちながら青い魂を誘うのです



竪琴が唄っています 遠い未来の頂へ向けて



聴こえますか 君の命がここで鳴っています

だから私には もう言い訳はいらないのです

夾雑音も不協和音も消えたその澄んだアルペジオ

胸の底で聴いたので 口づけをそっと贈り返しました



今日も 竪琴が鳴っています 深い秋の底でやはらかに
[PR]
by forest_poem | 2006-10-12 23:40 | 詩 未分類
line

創作モード炸裂。ファンタージュの森を生く。


by forest_poem
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30