朋田菜花の「ときには森を抜ける風の音のように」

forest2006.exblog.jp ブログトップ

音楽に添えて_053 「傷ついたその瞳に」

b0088524_0414850.jpg

アーティスト:Bryan Ferry 曲:Jealous Guy
(★画像をクリックすると音楽のページが開きます by you-tube)







「傷ついたその瞳に」 文 朋田菜花





あなたをからかったつもりは少しもないし

傷つけるつもりなどもっとなかったの

ごめんなさいはうまく言えないわ

へそまがりだからじゃなくて

本当にほんとだから

嘘のない気持ちで

こころから

いつも

あなたの

その指先から

生まれおちるものを

見つめていることだけが

私のしあわせだったのになぜ

信じてもらえなかったのかわからない

でも傷つけてしまったことをあがなうため

私はこれからもずっとずっと変わらず

日々の歌を紡いで生きていくこと

あなたと約束したいくつかの

大切な決めごとを守り

変わらぬ私で

居続け

あなたが言う

らしい私でいられる

そんな毎日をすごしていく

それがわたしなりのあなたへの

精一杯のごめんなさいのしるしです






もうあかないあなたのドア

あがないをつみかさねたら

いつかまたあかないのかな

はかないねがいなのかなあ

ああかなしいあがないの歌

あなたにとどいたらその朝

はがねのようなあなたの心

赤い花のようにほどけたら

うつくしく咲いて輝いてね






あがないとははかないねがいのつみかさね

かなしみとはいたみいつくしみいとおしむこと

この胸の痛みがいつかあなたに届くのならばきっと

千年の滝が藍色の滝つぼに流れ落ちるように星は降り

金色の月の光が降り注ぐ輪のような影の中で精霊は舞い

数億光年の彼方からの使徒が携えた未知なる物語が始まる














久しぶりの「音楽に添えて」シリーズの更新です^^
この「Jealous Guy(ジェラス・ガイ)」は、ジョンレノンが1971にアルバム「Imagin(イマジン)」に収録発表した曲。Roxy Musicが81年にレノン追悼のためにカヴァーを発表し、全英チャート1位を獲得しました。
Roxyはサックスやハーモニカなどの入る華やかなサウンドとブライアン・フェリーの独特の世界観のある個性豊かなサウンドが印象的なのですが、この曲では口笛を入れたり‥とのびやかなメロディラインの美しさを生かした素朴なアレンジが逆にとても効いています。原曲のジョンの歌声とはまたちがったブライアン・フェリーの静かに訴えるような大人の深みを持ったヴォーカルが心に残ります。

添えた文は、完全に元の曲の世界を飛び越えて違う世界にいっちゃってます(笑) 描かれているのは人の世の人情の機微。短い小説のような、一人称で語られた物語です。掌サイズの出来事から、遠い宇宙まで。イメージの世界は果てしなく広がっていきます。
[PR]
by forest_poem | 2013-09-19 07:06 | 音楽に添えて
line

創作モード炸裂。ファンタージュの森を生く。


by forest_poem
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31