朋田菜花の「ときには森を抜ける風の音のように」

forest2006.exblog.jp ブログトップ

音楽に添えて_012 「伝説はくりかえす」

b0088524_4213656.jpg

アーティスト:Tuck & Patti 曲: As Time Goes By
(★画像をクリックすると音楽のページが開きます by you-tube)


_______________________________________________

「伝説はくりかえす」 文 朋田菜花


この土地に伝わる伝説のままに
僕はキミに恋に落ちたよ


奪い合い奪われ
繰り返されてきた物語のように
完全無欠の
キミに恋に落ちたよ


小鳥たちが歌い
バラの花が咲き乱れ
舗道の街路樹さえ緑に染まり
溜息のように美しい朝焼けが空を染め
星たちが眠りにつく夏至祭の朝のひととき
僕はキミがあまりに美しくてつよくて優しいことに
気付いてしまったんだよ


どんな試練が待ってるんだろう
どんな妨害に打ちのめされるんだろう
まだ空は高く青くて澄み切っていて
どこかで恋人たちの歌が低く流れている街角は
とても穏やかで幸せに満ちていて
不穏な気配はないのだけど


だけど伝説はきっとくりかえす
誰かがキミを奪いにやってくる


鋭いウロコの龍の姿で君を奪いにやってくる
不敵な笑みの魔女のように君を奪いにやってくる
冷たい瞳の青髭のように君を奪いにやってくる
だってこんなに美しいキミを
やつらが放っておくはずがない


だけど僕は信じてる
必ずキミを守り抜いてみせる
だって僕は信じてる
世界中が恋する僕らの味方なのだから
だって僕は信じてる
僕だけが愛するキミを幸せにできるのだから




________________________________________________

曲は、「As Time Goes By」ジャズのスタンダードナンバーです。歌っているのは
Patti、ギターを奏でているのはTuck。二人の奏でるサウンドは優しく熱く心に
沁みとおり初めて聴いた20年前と変わらぬ深さとやさしさを今もあわせもっています。
心から敬愛するアーティストのひとつです。


で、このスタンダードの歌詞、いままで深読みしたことがなかったのでタイトルの印象
から「時の流れゆくままにものごとは移ろうのです」‥みたいなことを歌っているのだと
勝手に思い込んでいました。
ジャズってインストゥルメンタルで聴くことも多いし、歌詞の内容わからないままのこと
も多いですからね。
でもでも、この曲の歌詞なかなかどうして。読み込んでみると思い白いではないですか^^
とくに後半の一節

  恋には、燃え上がる情熱や嫉妬や憎しみがつきもの
  女が男を求め、男が女を求めること
  それは誰にも否定できないことなのです

  今も昔も変わらぬ物語
  愛と栄光をめぐっての闘い
  命をかけての争い
  世界は常に恋人たちを歓迎しているの
  時の過ぎゆくままに

と、心躍る物語が、つねに愛には秘められているし、たくさんの物語が時の過ぎるままに
生まれていったのだ‥と、恋する者たちへエールをおくるメッセージソングだったのです
ね、実は^^

まぁ、そんなわけで、私のほうは命を賭けての恋を予感している一人の若者の視点で
エピソードを書き下ろしてみました^^
美しい乙女に恋した若者でもいいし、いまどきのイケメン男子に恋したボーイッシュな
少女でもいいし。あるいはそういうマインドをもった、すべての年代層の人へのエール
として、お届けします。


今日は、ちょっと日付が変わってから某所で盛り上がっていたために
(歌って踊っていましたw ヴァーチャルですが^^)
更新が遅くなって済みませんです。
明日もがんばってみます。

いつも読んでくださってありがとう。
熱いエールをテレパシーで感じて、
照れていたり、うれしかったり
ドキドキしていたりします。

え、なんで読んでいるのがわかったかって?
そりゃ、電脳のこの時代ですもの^^
電脳博士の申し子の私にはわかるんでございますよ^^b
こんど、こっそり教えてさしあげます☆



ではでは。
あなたの応援があるから
わたしは今日もがんばれます。
あなたがそばにいてくれるから
今日も幸せ感じています。
[PR]
by forest_poem | 2013-06-25 06:49 | 音楽に添えて
line

創作モード炸裂。ファンタージュの森を生く。


by forest_poem
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30